カードローン地獄とは?

11月 21st, 2014

カードローンは、日常の生活にとても役立つものです。
反面、使い方を誤ると思わぬ落とし穴にはまることもあります。
注意しないと、その落とし穴「カードローン地獄」に簡単に陥ることがありますので注意が必要です。
「カードローン地獄」とはどのような状態を指すのでしょうか。
最初の内は、利用するカードローンも一枚だけで、利用する金額もそこそこの方でしょう。
しかし、カードローンは自分で考えている以上に簡単に借りることができる為、利用金額がすぐに膨らんでいきます。
さらに、別の会社で申込を行い、枚数が増えていくと、「カードローン地獄」の入り口に入ったことになります。
返済金額も大きくなり、その内に自分の能力以上の返済に追われることになります。
気が付けば、取り返しのつかない事態にまで追い詰められていきます。
これが、世間でいわれる「カードローン地獄」です。
カードローン地獄に陥らない為には、まずは、利用する金額を増やさないようにすることが大切です。
特に、他社で申込を行い、枚数を増やしていくと、返済金額はあっという間に膨らんでいきます。
借入することは、すなわち返済を伴うことであることを、常日頃から意識するようにしましょう。
それでも、どうしようもない状態になった場合には、早めに専門家に相談することをお勧めします。
弁護士などに早い段階で相談を行うことで、解決策を模索することも可能になります。
どちらにしても、カードローンは返済あってのものであることを、十分に理解しておくようにしましょう。

学生がお金を借りるには

11月 19th, 2014

学生生活を続けているなかで、急にお金が必要になったときや、親の仕送りが遅れて家賃が払えなくなりそうといった経験は誰でもあると思いますが、そんなとき最後の手段としてキャッシングでお金を借りるのもひとつの方法です。
キャッシングの申込ができる条件として「年齢が20歳以上であること」「安定した収入が有ること」が最低条件になっているので、20歳以上の学生なら短大、専門学校を問わず、安定した収入があればキャッシングはできます。
安定した収入とは正社員が毎月給料をもらっているといった場合に限らず、バイトやパートで得た収入も安定した収入と認められるので、バイトで収入を得ていればキャッシングはできますが、消費者金融を利用するときは融資限度額は年収の3分の1以内となっているのでそんなに多くは期待できませんし、親の仕送りだけで生活している学生は利用できません。
学生が審査にとおりにくいといわれている理由のひとつに、バイト先を転々と変えている場合、いつ辞めるかわからないので、貸しても返済が続けられるかどうかわからないと判断されることがあるようです。
キャッシングを利用するためには、同じ勤務先で長く続けているほうが審査にとおりやすいといえます。
キャッシングは簡単に使える便利なツールですが、学生がキャッシングする事はあまりおすすめではありません。お金が用意できないときは待ってもらうといった事も考えて、どうしても方法がない時に最後の手段として考えることをおすすめします。

プロミスの店舗はどこにある?

10月 24th, 2014

カードローン・プロミス店舗探しは、携帯やスマートフォンのGPS機能を使うのが最もスピーディーで便利です。特に、スマートフォン(タブレット端末も含む)専用に開発された「プロミス専用アプリ」から、すぐにアクセスする事が可能です。
場所が分かれば、そのままスマホをナビ代わりにして来店しましょう。プロミスアプリにある「店舗検索ツール」には、無人契約機だけでなく、プロミスの有人窓口「お客様サービスプラザ」の場所を同時に検索する事が可能です。
スタッフに相談をしながら様々な手続き、カードローンの申し込みが出来るので、初めての方には特にサービスプラザ(の来店)をおすすめします。サービスプラザの営業時間は、朝の10時から夜18時まで。また、土日祝日は営業を行わない事がほとんどなので、注意して下さい。
サービスプラザは、全国どの町にもある訳ではありません。主要都市だけに限られているので、地方の方で「カードローンの疑問や質問を」お持ちの方は、プロミスコールや無人契約機を使って、問い合わせをしてみて下さい。
メールを使って「問い合わせがしたい!」という方は、プロミス公式サイトの「問い合わせフォーム」からも質問をする事が可能です。
このように、プロミスは様々な場所から申し込みをする事が出来ます。お近くに店舗が無い方は、インターネットから手続きを行うのも良いでしょう。店舗内と同じように、きめ細やかなサービスを受ける事が出来ます。

即日融資で即日振込

10月 22nd, 2014

キャッシングを始めるときは、急にお金が必要になったために始める人も多いと思います。
最近は店舗や無人契約機へ行かなくても即日融資の即日振込をしてもらう方法があり、消費者金融のキャッシングはほとんどのところが審査から契約までが1時間程度というスピード審査ができるので、申込んだその日に指定口座へ振込をしてもらえます。
申込方法はインターネットからの申込みで、申込フォームに記入して送信すると仮審査がおこなわれ、電話やメールで審査結果が伝えられるので審査結果の確認をした後、本人確認書類を画像をメールに添付して送信するという方法で申込みができるキャッシング会社が増えています。
インターネットを利用した申し込みは、キャッシングの申し込みから契約まですべてがweb上で完了するので融資までの流れが早くなります。
契約が終われば指定した口座へ即振込をしてもらえるので、午前中に申込みを済ませれば問題が無ければその日のうちに振込がおこなわれますが、キャッシングの申込をしたからといってすべての人がが審査に通るというわけではなく、通過しても希望額までの利用限度額が設定されるかどうかは分かりませんので希望通りに進まないことがあることもあらかじめ認識しておきましょう。
即日振込をしてもらう時に便利なのが、提携銀行や系列銀行に口座を持っているとで、口座があれば24時間いつでも振込キャッシングができるというサービスがあるのでできれば提携銀行の口座を作ることをおすすめします。

キャッシング利用計画の立て方

9月 30th, 2014

キャッシングを上手に利用するためには、利用計画を立てることが最も大切です。
まず、利用をはじめる前に自身の状況を考えてみましょう。何のために使いたいのか、そのためにいくらを借りたいのかを考えていきます。紙に書き出すなどして、できるかぎり客観的に見るようにすると良いでしょう。
借りたい金額が決まったら、自身の収入と支出から、いくらずつの返済が良いかも考えていきます。できる限り短期間で返済を終わらせてしまうことが、利息も少なく済みますが、生活をしていく上では返済以外にもお金がかかりますから、それらまで踏まえてあまり無理にならない返済計画を考えましょう。
ここまで、借りたい金額と期間を大体出すことができましたら、利息の計算もできるようになります。利息は「借入残高×貸付利率÷365×借入期間」で出すことができますので、この式に数字を当てはめて計算をし、出てきた利息を確認しましょう。
利息が少し高いと思えるのであれば、もう少し毎月の返済額を増額してみるなどして調整していきます。
このようにして、利用計画を立てることにより、無駄に利息を払うことなく、更にはキャッシングを使いすぎてしまうといったことも防ぎやすくなります。
もしも一人で計画を立てることが難しいという場合であれば、それぞれキャッシング会社に相談をしても良いでしょう。インターネット上にも学生ローン利息が簡単に計算できるサイトや、返済シミュレーションのできるサイトがありますので、これらも上手に利用してみてください。

カードローン審査が通らない方とは?

9月 25th, 2014

カードローンを申込した以上は、審査に落ちることは避けたいものです。
しかし、現実には審査に合格できない方もたくさんいらっしゃいます。
カードローンの審査の基準は各社で異なっていますが、合格できない方には共通点も見受けることができます。
ここでは、カードローン 審査に通らない方の共通事項を見てみましょう。
?借入件数が多い
具体的に「何件までOK」という表示は行っていませんが、借入件数の多さは、その分返済負担の増加に直結します。
借入件数が多く、またその金額も多い場合には、審査する側としても不信感を抱くことになります。
その分審査に合格する可能性が低くなるということを知っておきましょう。
?申込の不備
住所・電話番号などの単純な記載誤りによって確認ができす、結果的に審査に合格できない方が、意外と多くいらっしゃいます。
申込時には、ミスが無いか何度も確認するようにしましょう。
単純な記載誤りでも、審査する側から見ると虚偽を行っているのではないか、と不信感を抱かせることになります。
?ブラック情報
過去に自己破産や返済遅延などの金融事故を起こしているケースです。
ブラックの場合には、まず審査に合格することはできません。
単なる入金忘れでも、記録に残っている以上、言い訳はできません。
カードローンの審査に通らない方は、自分自身に何らかの問題があるケースがほとんどです。
そしてその理由は、よく考えてみると、自分でもわかる内容のものです。
ますは、その問題を考えて解決するようにしましょう。

銀行でキャッシング

8月 7th, 2014

以前なら銀行は大口融資をメインにしていましたが、最近では小口金融にも積極的に乗り出し、現在は数多くの銀行でキャッシングができるところが増えてきました。

銀行でキャッシングするメリットは銀行という安心感と、低金利が最初に浮かびますが消費者金融のキャッシングと大きく違うのが融資限度額が年収に影響されないといったところにあります。

消費者金融の融資限度額は貸金業法の総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と制限されており、消費者金融の利用は「安定した収入のあるかた」のみが利用できることになるので、収入のない専業主婦は申込みすらできないことや、年収の3分の1に近い借入をしているひとは新たな借入ができません。

銀行のフリーローンおすすめキャッシングは規制対象外となっていため、融資を受けるとき年収に関係なく審査に通ればいくらでも融資を受けることができ、、専業主婦のように年収のないかたでも本人名義で利用できます。

金利面から見ると消費者金融のほとんどが4.7%~18%前後になっているのに対し、銀行の下限金利の低いところは2.5%、上限金利の低いところは9.8%のところもあり、少額融資の適用金利は上限金利となるので大きなちがいがでてきます。銀行は消費者金融とちがいって金利を低くおさえていることから、審査で申込者がどれくらいの返済能力があるのかを正確に見極めようとするため、審査に時間がかかるといったことから、即日融資を希望するときは消費者金融のほうが確実といえます。

その借り入れ理由なら大丈夫、消費者金融の資金使途

5月 30th, 2014

借り入れの理由はどんなことでしょうか。
それなら大丈夫という安心が無くてはなりません。
消費者金融は借り入れが簡単になっていますので「つい」という単純な理由で借り入れが頻発する可能性があります。
それだけは防がなくてはなりません。

楽天銀行のスーパーローン借り入れの理由として適している、というよりも不適切ではないと考えられるものが単発の借り入れがあります。
何度も同じ理由での借り入れがるものではなく一回限りの借り入れ理由ということです。
例えばこんなものがあります。
大きなイベントがありぜひ参加したい、そのために2万円を借り入れたい、これも単発の理由になります。
子供が部活の遠征で費用が必要になった、これも単発の理由になるでしょう。
旅行先でお金を使いすぎてしまいもう少し余裕が欲しい、これもその旅行がいつでもあるものではなくめったにない旅行であることを考えるのであれば単発の理由となるでしょう。

収入が減ったことによって生活費が不足するという根本的な原因があるときには借り入れの理由がその後も頻発して同一になる可能性が高くお勧めできるものではありません。
その理由が一回で完結するものであり、その後は返済に終始できるのだとすれば借り入れの理由としては不適切ではないといえます。

もちろんその理由も我慢をすればよい範囲であれば判断は自分で行わなくてはなりません。
欲しいものがあり給料日まで我慢することもできるけれども、という理由であれば例え単発の理由であっても借り癖をつけないためにも避けておきたい理由になるかもしれません。

学生はアルバイトが消費者金融利用の条件となる

4月 23rd, 2014

どこの消費者金融でも基本的にはアルバイトをしている学生の借り入れが可能となります。
学生とはいっても20歳以上の年齢も条件となりますので高校生などの借り入れは当然できません。
消費者金融の利用条件を確認してみると、年齢のほかに「安定した収入が定期的にある方」となっているはずです。
これを考えていきましょう。

アルバイトの収入が安定した収入と判断されるのか疑問に感じるかもしれません。
それでは安定といえばどんな形の給料を想像するでしょう。
月収であること、基本給があること、高給であること、このくらいではないでしょうか。
職業としては公務員や大企業に勤めていることで安定した給料があるとイメージができます。
ところがこれは私たち一般人からみたイメージです。
実際に消費者金融が融資を行うときに判断する安定は、職業や給料の高さばかりではありません。
「毎月一定以上の収入があること」が安定となり、この一定は個人にとっての一定であり高額であろうと少額であろうと関係はありません。
またもう一つ「今後も継続できる収入」であることも安定の判断基準となります。
つまり、これから先も毎月収入が一定額以上はあること、これを消費者金融の審査で確認する安定としています。

今後のことなどわからないと思うでしょうか。
そんなことはありません。
これまであなたが働いてきた勤続年数が今後のあなたを測る材料になります。
今までのあなたが、これからのあなたを保証するということです。

低金利のカードローンは銀行が一番

4月 6th, 2014

カードローンを利用する時に気になるのが金利です。誰でも低金利の商品を利用したいと思うのは当たり前のことです。しかし、金融機関は多くありますので、どこが一番金利が低いのか、初めて利用する人には大変な作業です。


 金利の低いところを探す前に、金融機関の分類方法を理解すると、より効果的に探すことができます。一般的には銀行系、信販系、消費者金融系と分類されますので、その中の銀行系を探すことが、低金利のカードローンなのです。


 同じ借入額なら間違いなく、銀行が一番金利が低いと感じるはずです。結論からいうと、銀行が一番金利が低めになっていますが、それ以外にも借入限度額が大きいのも特徴です。借入限度額が高くなると、適用される金利も低くなる傾向があるのです。


 しかし、銀行のローン審査は厳しいとの評判ですので、誰でも簡単に利用できるわけではないのです。所定の審査を通過したものだけが、低金利のカードローンを利用できるのです。その為には、不要なクレジットカードを解約するなどの努力も必要です。